入れ歯・ブリッジとの違い

これまでの治療では、歯を失ったあとの治療の選択肢は入れ歯かブリッジのいずれかでした。

入れ歯
入れ歯
取り外し式の人工歯を金具で固定する方法です。ほかの歯を削る量は最少で済みますが、違和感があり、安定感や審美性に欠けます。
ブリッジ
ブリッジ
失った歯の両隣を土台にして人工歯を固定させるので安定感があり、違和感も少ない治療ですが、土台の歯を削るため、歯の寿命を縮める恐れがあります。

インプラントこうした治療に対して、ほかの歯に負担がかからず、しかも違和感がない治療がインプラントです。インプラントは失われた歯の根から回復させるので、しっかり噛めて、違和感もほとんどありません。また、噛み合わせたときに全体の歯に均一に力がかかるので、ほかの歯に負担がかからない優れた治療です。

入れ歯の違和感や異物感を気にする方や、ブリッジで健康な歯を削りたくない方にとって、最適な治療がインプラントと言えます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております