2014年3月21日

審美歯科(クラウン・インレー)の費用

インレー
項目 ワンポイント 美しさ 耐久性 価格(税込)
e-max
e-maxプレス
・最高の美しさ
・変色しにくい
・金属アレルギーにならない
◎ ◎ インレー 54,000円
アンレー 64,800円
ハイブリッド
ハイブリッド
・色が白く、目立たない
・金属アレルギーにならない
○ ○ インレー 37,800円
アンレー 48,600円
フルジルコニア
フルジルコニア
・強度が優れている
・金属アレルギーにならない
○ ◎ インレー 48,600円
アンレー 59,400円

クラウン
項目 ワンポイント 美しさ 耐久性 価格(税込)
ジルコニア前装冠
ジルコニア前装冠
・最高の美しさ
・ほとんど変色しない
・耐久性が高い
・金属アレルギーにならない
◎ ◎ 129,600円
オールセラミック
オールセラミック
・透明感のある白色
・ほとんど変色しない
・プラークがつきにくい
・金属アレルギーにならない
◎ ○ 108,000円
メタルセラミック
メタルセラミック
・耐久性が高い
・白く美しい
○ ◎ 118,800円
ハイブリッド
ハイブリッド前装冠
・保険に比べ変色しにくい
・セラミックより安価
・金属アレルギーのリスクがある
○ ○ 64,800円
フルジルコニア
フルジルコニア
・耐久性が非常に高い
・白さのバリエーションが少なく前歯に向かない
▲ ◎ 86,400円
パラレジン前装
パラレジン前装
・他の材料より安価
・金属アレルギーのリスクがある
・2次むし歯にやりやすい
※前歯は保険適用可
▲ ▲ 48,600円
パラ
パラジウム
・他の材料より安価
・金属アレルギーのリスクがある
・色が目立つ
※奥歯は通常保険適用可
✕ ○ 43,200円

その他
項目 ワンポイント 価格(税込)
ファイバーコア
ファイバーコア
グラスファイバー製の歯の土台。しなやかで折れにくく、また、金属アレルギーのリスクもありません。光透過性があるので、白く美しい歯を再現できます。 12,960円
CR
ダイレクトボンディング
通常のプラスチックと違い、変色しにくく、美しいプラスチックの詰め物です。 歯頸部10,800円
平滑面16,200円
複雑面21,600円
新形態付与
27,000円
シリコン加算
+5,400円

ホワイトニングの費用

項目 内容 価格(税込)
ホームホワイトニングキット
ホームホワイトニング
片顎 ホワイトニングジェル3本 21,600円
追加ホワイトニングジェル1本 5,400円

入れ歯の費用

総義歯
項目 内容 価格(税込)
金属床義歯
チタン床義歯
・薄いため違和感が少ない
・硬いため、安定した噛み心地になる
・上あごの場合、食べ物の熱が伝わる
・割れにくく、変形しない
・コバルトクロムに比べて軽い
・金属アレルギーになりにくい
324,000円
コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯
・薄いため違和感が少ない
・硬いため、安定した噛み心地になる
・上あごの場合、食べ物の熱が伝わる
・割れにくく、変形しない
216,000円
コンフォート
コンフォート加工
・シリコン製で柔らかく、痛みが少ない
・吸着力が高く外れにくい
総義歯自費基本料金
162,000円

+86,400円
金属補強付き
+129,600円
BPS
BPS(精密義歯)
・生体機能的補綴システム
・精密な型とり、製造を行うので、フィット感が高くとても良く噛める
216,000円
BPS
仮義歯
・最終的な入れ歯が入るまでの義歯
・分厚く違和感がある
43,200円

部分入れ歯
項目 内容 価格(税込)
チタン床義歯
チタン床義歯
・薄いため違和感が少ない
・硬いため、安定した噛み心地になる
・上あごの場合、食べ物の熱が伝わる
・割れにくく、変形しない
・軽い
・金属アレルギーになりにくい
291,600円~
コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯
・薄いため違和感が少ない
・硬いため、安定した噛み心地になる
・上あごの場合、食べ物の熱が伝わる
・割れにくく、変形しない
226,800円~
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー
・金属のバネを使用しないので見た目が美しい
・違和感が少なく装着感もよい
・金属床に比べて安価
~8歯 108,000円
~9歯 162,000円
磁性アタッチメント
磁性アタッチメント/OPアンカー
・入れ歯の補助的な固定装置
・入れ歯が外れにくい
・しっかり噛める
・お口の状態によっては使用できない
義歯による

インプラントの費用

項目 内容 価格(税込)
CT撮影
CT撮影、診断等
CT解析(片顎) 21,600円
診断料(全顎) 10,800円
診断用ステント 54,000円
手術用ステント 0円
インプラント料
インプラント手術
インプラント埋入(1本) 216,000円
上部構造
上部構造
セラミック
※仮歯の費用を含みます
162,000円
オプション
その他オプション
ソケットリフト手術 43,200円
サイナスリフト手術 86,400円
人工骨使用 21,600円
セデーション(静脈内鎮静法) 54,000円
テルダミス使用 21,600円

矯正歯科治療の費用

項目 内容 価格(税込)
カウンセリング
相談料
お口の中を拝見し、歯並びの現状をお話しします。 2,160円
検査料
検査・診断料
レントゲン写真、模型、お顔や口腔内の写真を撮り、詳しい検査を行います。検査結果に基づき、今後の治療方針についてご希望を伺いながらお話しします。 検査料16,200円
診断料16,200円
子ども
子どもの治療費
第一期治療(乳歯と永久歯の混合歯列期)
乳歯から永久歯の生え変わりを管理し、上顎と下顎の骨格的なバランスを整えます。取り外しのできる装置を使っていただくことがあります。
216,000円~
第二期治療(永久歯が生え揃ったあと)
マルチブラケット装置(針金を使う装置)を用いて歯並び、噛み合わせを整えます。補助的にほかの装置を併用していただくことがあります。料金は、使用する装置の種類や治療の難易度によって変わります。なお、第一期治療から引き続き第二期治療の治療を受診する場合は、第二期治療の治療時に差額を申し受けます。
540,000円~
成人矯正
成人矯正
マルチブラケット装置(針金を使う装置)を用いて歯並び、噛み合わせを整えます。補助的にほかの装置を併用していただくことがあります。料金は、使用する装置の種類や治療の難易度によって変わります。 540,000円~
調整料
調節・観察料
調節料
毎回の治療ごとにかかります。
5,400円
観察料
本格的な治療開始前の定期的な観察、および治療終了後の観察の際、通院ごとにかかります。
3,240円

矯正治療の際の動揺のない乳歯および永久歯の抜歯については保険の対象となりません。そのため、別途1本につき乳歯は3,240円、永久歯は簡単なもの5,400円、困難なもの10,800円となりますのでご了承ください。

予防歯科の費用

項目 内容 価格(税込)
予防歯科
予防歯科メニュー
PMTC(60分)1回コース 8,640円
PMTC+ジェットポリッシュ(前歯のみ) 10,800円
PMTC+ジェットポリッシュ(全顎) 14,040円
トリートメントケア(30分) 4,320円
ジェットポリッシュ(前歯のみ) 4,320円
ジェットポリッシュ(全顎) 8,640円

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いのほかに、デンタルローン、クレジットカードでお支払いいただけます。

デンタルローン
スルガ銀行のデンタルローンが利用できます。
スルガ銀行

クレジットカード
各種カードでのお支払いが可能です。
※保険診療分もカードで支払えます。
※一度のカードでのお支払いは上限額がありますのでご了承ください。
クレカ

矯正治療やインプラントなどの自由診療では健康保険は使えませんが、高額治療費は医療費控除の対象となります。

医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額となります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております