リラックスした環境で治療を受けていただくために

痛みの少ない治療

歯の治療で一番の不安は、いつ襲われるかわからない痛みの恐怖です。いくら麻酔注射をしても、突然の痛みがやってくるとドキっとしてしまいます。不安で体が緊張していると、軽い刺激でも痛みを感じてしまいます。

当院では、痛みの不安を取り除くために、麻酔をしっかり効かせてから治療を始めます。症状や骨の状態などに合わせて麻酔方法を使い分けていますので、痛みの不安はほとんどありません。

また、治療中に患者さんの様子を見ていると、明らかに痛みを感じているのがわかるときがあります。そういうときは、一旦手を止めて「今、痛くありませんでしたか?」とお声をかけます。患者さんと相談して麻酔の追加もできますので、我慢せずにおっしゃってください。

痛くない麻酔注射の5つのポイント

【ポイント1】表面麻酔をしっかり効かせる表面麻酔
麻酔針を刺したときのチクっとした痛みが和らぐよう、表面麻酔を塗ってから注射をします。表面麻酔には色々な種類があり、効き方にも違いがあるので、複数の種類を揃えています。麻酔をかける部分に合わせて使い分けるので、針を刺したときの痛みはほとんどありません。

【ポイント2】患者さんに合わせて麻酔液を変える
麻酔方法も、浸潤麻酔伝達麻酔の2種類を揃えています。通常は浸潤麻酔を使用しますが、下あごの奥歯は痛みを強く感じやすく、麻酔をしても効かないことがあります。その場合は伝達麻酔を使用します。伝達麻酔は神経を直接麻痺させるので麻酔効果が高く、治療中の痛みはほとんどありません。

【ポイント3】最も細い針を使用細い麻酔針
麻酔針を刺すときの痛みは、針の太さにも関係しています。細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。国内で最も細い針を使用しているので、針を刺してもほとんど痛くありません。

【ポイント4】2段階に分けて麻酔薬を注入
麻酔薬を一気に注入すると、圧力が加わって痛みや違和感が強くなります。そこで2段階に分け、まずはほんの少し薬を入れて、少し経ってから残りを注入します。こうすることで注入時の痛みや違和感を抑えることができます。

【ポイント5】電動麻酔器で注入時の力をコントロール電動麻酔器
手動式の麻酔器と電動麻酔器の両方を揃えています。電動麻酔器は人の手では不可能なくらいゆっくりと麻酔液を注入できるので、違和感や痛みがほとんどありません。注射らしくない形をしているので、お子さんでも怖がらずに麻酔注射を受けています。
 

【痛くないむし歯治療】ドックベストセメント

ドックベストセメント麻酔注射で痛みを緩和することはできますが、麻酔を使わずに治療ができればそれにこしたことはありません。そんな理想的な治療法がドックベストセメントです。

ドックベストセメントは、歯をほとんど削らない、痛くない治療方法です。神経近くに達しているむし歯でも麻酔をかけずに治療ができ、しかも神経を残せるので歯の寿命を延ばすことができる画期的な治療法です。

強い殺菌力でむし歯菌を完全に除菌する
むし歯になっている部分をわずかだけ削り、抗菌剤を入れます。その上からドックベストセメントを詰めて密封し、詰め物を詰めて形を整えます。ドックベストセメントの殺菌力は強く、削る量は少なくてもむし歯菌を完全に死滅させるので、再発を防ぐことができます。

●ドックベストセメント(Doc's Best Cement)とは
ドックベストセメントは、天然ミネラル成分を主成分とした銅イオンを放出するセメントで、殺菌力に優れています。副作用はほとんどありませんので、お子さんからご年配の方まで、あらゆる方に適応できます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております