痛くない麻酔注射の5つのポイント

【ポイント1】表面麻酔をしっかり効かせる表面麻酔
麻酔針を刺したときのチクっとした痛みが和らぐよう、表面麻酔を塗ってから注射をします。表面麻酔には色々な種類があり、効き方にも違いがあるので、複数の種類を揃えています。麻酔をかける部分に合わせて使い分けるので、針を刺したときの痛みはほとんどありません。

【ポイント2】患者さんに合わせて麻酔液を変える
麻酔方法も、浸潤麻酔伝達麻酔の2種類を揃えています。通常は浸潤麻酔を使用しますが、下あごの奥歯は痛みを強く感じやすく、麻酔をしても効かないことがあります。その場合は伝達麻酔を使用します。伝達麻酔は神経を直接麻痺させるので麻酔効果が高く、治療中の痛みはほとんどありません。

【ポイント3】最も細い針を使用細い麻酔針
麻酔針を刺すときの痛みは、針の太さにも関係しています。細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。国内で最も細い針を使用しているので、針を刺してもほとんど痛くありません。

【ポイント4】2段階に分けて麻酔薬を注入
麻酔薬を一気に注入すると、圧力が加わって痛みや違和感が強くなります。そこで2段階に分け、まずはほんの少し薬を入れて、少し経ってから残りを注入します。こうすることで注入時の痛みや違和感を抑えることができます。

【ポイント5】電動麻酔器で注入時の力をコントロール電動麻酔器
手動式の麻酔器と電動麻酔器の両方を揃えています。電動麻酔器は人の手では不可能なくらいゆっくりと麻酔液を注入できるので、違和感や痛みがほとんどありません。注射らしくない形をしているので、お子さんでも怖がらずに麻酔注射を受けています。
 

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております