病原菌を知り、歯周病を克服する

細菌検査で歯周病リスクを回避する歯周内科
お口の中には多種多様の細菌が住んでいます。その中には、カビや歯周病菌のように、歯に悪い影響を与える細菌がいます。まずは細菌検査を受けて、お口の中にどんな細菌が住んでいるのかを知っていただきたいと思います。

当院では歯周病検査を実施しています。唾液を採取して顕微鏡で確認すると、無数の細菌が存在していることがわかるので、歯周病治療の必要性を理解していただけます。特に40代を過ぎると歯周病のリスクが高くなりますが、ご自身のお口の中の状態がわかれば前向きに治療に取り組めるようになります。わずか数分の簡単な検査なので、細菌が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

リアルタイムPCRで原因菌を特定する
歯周内科で歯周病菌を除菌したのに、歯周病がなかなかよくならないことがあります。それは悪い影響を与える別の細菌が残っているからです。細菌の特定ができれば、それに対して効く薬を処方することが可能です。

当院では、原因菌を特定するリアルタイムPCR法による診断を実施しています。リアルタイムPCR法とは歯周病菌のDNA診断のことで、3~5種類の歯周病菌を特定することができます。細菌ごとに除菌できる薬が異なるので、原因菌を知ることで適切な抗カビ剤を処方できます。リアルタイムPCRにより、歯周内科でより確実に原因菌を除菌できるようになりました。

私たちの周りにはたくさんのカビが生息しています。実は、こうしたカビが歯周病の原因です。お口の中にカビが入って増殖すると、歯ぐきに定着して炎症が起きます。やがて歯周ポケットができると、そこに歯周病菌が入り込んで歯周病が進んでいきます。お口の中を清潔にしてカビを増やさないことも、大事な歯周病予防と言えます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております