長持ちする入れ歯作りのポイント

【ポイント1】バネの隙間を確保する長持ちする入れ歯
部分入れ歯を作るときは、固定させる歯を必要なだけ削ります。削り方が甘くなるとバネの厚みが十分に取れず、薄くなってしまいます。使っているうちに折れたり曲がったりすることもあるので、それを防ぐためにもきちんと削り、バネの厚みを確保します。

【ポイント2】金具を留める歯を安定させる
万が一、削る量が多いときは、抜髄処置(神経を取る処置)をして被せ物を装着してから入れ歯を作ります。「入れ歯なのに神経を取ってまで」と思われるかもしれませんが、固定源となる歯が安定していないと、バネの力で負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまいます。お口全体の健康を守るためですので、ご理解ください。

【ポイント3】歯並びや噛み合わせを整える
歯並びが気になる場合は、まず全体のバランスを整えてから入れ歯を作ります。歯並びが不揃いな場合は被せ物を装着して隙間をなくし、噛み合わせが合わないときは削って調整します。全体のバランスが整っていると安定した状態で入れ歯が入るので、ズレやガタツキのない、安定した状態に仕上がります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております