ヒューマンブリッジとは

「ヒューマンブリッジ」はまだまだ広く普及していない新しい治療法です。通常、歯を失ってしまった場合の選択肢として「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」が考えられますが、「ヒューマンブリッジ」はそれらのデメリットを払拭し、患者さんの負担が少ない治療を実現することができます。

韓国、アメリカでは広く普及しており、日本では2012年より行われている治療法です。

ヒューマンブリッジのしくみ
通常のブリッジは欠損している歯の両隣の歯を大きく削り、歯と歯を橋渡しするようにかぶせ物を装着します。インプラントのような手術を伴わず、安価な治療法なのですが、健康な歯を大きく削らないといけません。

ヒューマンブリッジは特殊な装置を両端の歯に装着して新しい歯を固定しますので、ほとんど歯を削らずにブリッジを装着することができます。

<ヒューマンブリッジのしくみ>
ヒューマンブリッジ
① 特殊な装置を歯に装着
次へ
ヒューマンブリッジ
② ほとんど歯を削らずにブリッジが完成します。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております