悪くなってからでは、なぜいけないの?

予防歯科

患者さんを見ていると、歯が痛くなってから治療に来るケースがとても多いです。歯科医院に行けば、痛みや腫れが治まったり、大きく空いていた穴を塞いだりすることはできます。でも、むし歯になる前の状態に戻すことはできません。

歯に穴があいたり、しみたり、痛くなったりと、自覚症状が現れてから治療をすると、デメリットがとっても大きいのです。

●症状が現れてからの治療のデメリット
・歯を大きく削らなければならない
・神経を取らないといけない場合がある
・麻酔を使わないと治療ができない
・炎症がひどいと麻酔が効きにくくなる
・治療に痛みや苦痛が伴う
・治療費の負担が大きくなる

治療が大掛かりとなり、治療時間や通院期間も増えて、患者さんの負担が増すばかりです。でも予防歯科で予防的な処置を受けていれば、むし歯や歯周病を作らずに済みます。当院では、お口の健康を守る予防歯科に取り組んでいます。

予防歯科では、定期検診やメインテナンスをとおしてむし歯や歯周病を予防し、お口の健康を保ち続けられるように管理します。自覚症状はなくても歯科医院でメインテナンスを受けていれば、むし歯や歯周病の早期発見・治療ができ、痛みや苦痛もほとんどありません。当院の予防歯科で大切な歯をしっかり守りましょう。

「ていねいなメインテナンス」はこちら

メインテナンスでお口の中を快適に保つ

予防歯科歯のメインテナンスと聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃいますが、車に置き換えて考えるとわかりやすいかもしれません。

車は車検を受けて、部品やエンジントラブルを起こさないようにメインテナンスをします。それと同じように、お口の中のトラブルを未然に防ぐための処置が、歯科医院で行うメインテナンスです。メインテナンスでは、お口の中全体の汚れを取り、むし歯や歯周病になりにくい環境に整えていきます。

むし歯や歯周病の治療は大切ですが、それ以上に、むし歯や歯周病を作らないことも重要です。そのためにも当院ではメインテナンスを大切に考え、一人ひとりの患者さんのお口の健康の維持管理に努めています。

定期検診は歯の健康診断

定期検診成人の方は4か月に一度、お子さんは3か月に一度の定期検診をおすすめしています。定期検診では、歯の汚れを落とすスケーリングや本格的な歯のクリーニングPMTC、磨き残しをなくす歯磨き指導などの予防処置を行います。

お口の中全体をチェックすることで、むし歯・歯周病の早期発見と早期治療が可能です。治療後の安定した状態を維持することもできるので、ぜひ、定期検診をおすすめします。

次回の定期検診のご案内はハガキでお知らせします
次回のご予約は、治療後に受付などでお取りください。ご案内は、検診日の数日前にハガキでお知らせします。ドクターの直筆メッセージを添えていますので、ぜひ目をとおしてください。

当院の定期検診メニュー

歯磨きのワンポイントアドバイス定期検診メニュー
お口の中全体を確認し、特に汚れが残っている部分を中心に、歯磨きのワンポイントアドバイスをします。磨き残しが多い場所に的を絞って、磨き方をていねいにアドバイスします。しっかりマスターして、ご自宅に戻ってから実践してください。

スケーリングで歯石を除去定期検診メニュー
歯科衛生士が専用の器具を使って行う歯のお掃除です。歯と歯の間、歯と歯ぐきの隙間に溜まっている汚れや歯石を、1本1本ていねいに取り除いていきます。処置後は歯の表面がツルツルになり、お口の中全体がさっぱりします。定期的にスケーリングを受けることで、むし歯や歯周病の予防につながります。

本格的な歯のクリーニングPMTC定期検診メニュー
歯科衛生士が行う本格的な歯のクリーニングです。専用器具を使い、歯の表面に付着している汚れを取り除いていきます。仕上げに歯の表面にリナメルを塗布して、むし歯や歯周病を予防します。PMTCでは、着色除去や歯ぐきのマッサージ、トリートメントケアなどのオプションを用意していますので、ご要望に応じて追加していただけます。

ていねいなメインテナンスはこちら

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております