むし歯の進行状況と治療

むし歯は、進み具合に応じてCO~C4に分かれています。

CO(初期むし歯)CO
状態:歯の表面が白く濁っていますが、まだ穴は開いていません。
症状:痛みやしみはありません。
治療:歯磨きやフッ素塗布で、歯の再石灰化が望めます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
状態:エナメル質が酸で溶かされて白く濁っています。
症状:痛みやしみはありません。
治療:むし歯部分を削り、保険適用の白い詰め物を詰めます。

C2(象牙質のむし歯)C2
状態:象牙質にむし歯が達していて、小さな穴が開いています。
症状:甘いものや冷たいものを食べると、痛みやしみを感じます。
治療:むし歯を削って、保険適用の白い詰め物を詰めます。

C3(歯髄のむし歯)C3
状態:むし歯が神経近くに達していて、舌で触るとはっきりわかる大きな穴が開いています。
症状:神経に飲食物が触れると、痛みやしみを感じます。
治療:歯を大きく削り、神経を取る抜髄処置を施して被せ物(自費・保険)を装着します。

C4(根の先のむし歯)C4
状態:根の先までむし歯が達しています。
症状:根の先に膿や炎症が起きると激しく痛みます。
治療:歯を大きく削り、抜髄処置をして被せ物を装着します。それでも完治が望めない場合は抜歯となります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております