悪くなってからでは、なぜいけないの?

予防歯科

患者さんを見ていると、歯が痛くなってから治療に来るケースがとても多いです。歯科医院に行けば、痛みや腫れが治まったり、大きく空いていた穴を塞いだりすることはできます。でも、むし歯になる前の状態に戻すことはできません。

歯に穴があいたり、しみたり、痛くなったりと、自覚症状が現れてから治療をすると、デメリットがとっても大きいのです。

●症状が現れてからの治療のデメリット
・歯を大きく削らなければならない
・神経を取らないといけない場合がある
・麻酔を使わないと治療ができない
・炎症がひどいと麻酔が効きにくくなる
・治療に痛みや苦痛が伴う
・治療費の負担が大きくなる

治療が大掛かりとなり、治療時間や通院期間も増えて、患者さんの負担が増すばかりです。でも予防歯科で予防的な処置を受けていれば、むし歯や歯周病を作らずに済みます。当院では、お口の健康を守る予防歯科に取り組んでいます。

予防歯科では、定期検診やメインテナンスをとおしてむし歯や歯周病を予防し、お口の健康を保ち続けられるように管理します。自覚症状はなくても歯科医院でメインテナンスを受けていれば、むし歯や歯周病の早期発見・治療ができ、痛みや苦痛もほとんどありません。当院の予防歯科で大切な歯をしっかり守りましょう。

「ていねいなメインテナンス」はこちら

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております