ズレのない技工物に仕上げる工夫

院長あいさつ当院では、完成度の高い技工物をご提供しています。人工歯を製作するときに一番気を配っているのは、ズレや隙間のない状態に仕上げることです。それには、人工歯の原型となる歯型の模型をきちんと仕上げることが重要です。

模型の状態が悪ければ、いくら腕のよい技工士が製作しても、満足できる状態には仕上がりません。歯科技工士が製作しやすいように、模型をできるだけよい状態に仕上げています。院長のこだわりが歯科技工士にも伝わるのか、仕上がりの完成度は高く、当院では装着時の調整はほとんどないことが多いです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております