小児矯正

小児矯正乳歯の歯並びが悪いと、永久歯にも悪い影響を与え、むし歯のリスクも高まります。大人になってからむし歯にならないためにも、小児矯正の大切さをお伝えしています。

歯並びや噛み合わせが悪い原因の1つに、あごの骨の狭さがあります。あごの骨に対して歯が小さすぎるので、歯があごのラインからはみ出して歯並びや噛み合わせが悪くなるのです。小児矯正では、お子さんのあごの成長を利用して成長を促す床矯正で、正しい位置に誘導することができます。

床矯正
床矯正は、お子さんの成長を利用して歯並びや噛み合わせを改善する治療です。お口の中に床矯正装置を入れ、あごの骨を拡げながら歯の納まるスペースを作り、歯並びや噛み合わせを整えていきます。成長期に行うことであごの発育が促されるので、歯を抜かずに歯並びを整えることができます。

小児矯正<床矯正のメリット>
・歯を抜かずに矯正できる
・取り外しができるので、歯磨きが楽にできる
・装置が見えないので、人目が気にならない

<床矯正のデメリット>
・治療期間が長くなる
・装置を装着しないと効果が現れない

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております