保険の長所を取り入れた治療

保険診療と自費診療

現在、日本の歯科治療は保険診療を中心に行われています。保険診療は、国民であれば誰でも安価に治療を受けられる制度です。けれども、自費診療のような質の高い治療は望めず、現在では多くの欠点を抱えています。

だからといって保険診療を否定するつもりはまったくありません。保険診療ならではのよさもたくさんあります。当院では、保険診療の優れた点を取り入れつつ、患者さんのご要望に可能な限り応える診療を心がけています。

保険・自費の枠を超えたていねいな治療
治療においても、保険・自費の枠を超えて考えていますので、1つひとつ手を抜かずに、ていねいで確実な処置を実践しています。症状やお口全体の状態によっては、より高度な治療を必要とする場合もあります。もちろん費用が高額となるので患者さんの負担も大きくなりますが、選択肢の1つとして自費診療をご提案しています。

自費診療をご提案する際は、治療内容や保険診療との違い、それに伴うメリット・デメリット、治療期間や費用など、できる限り多くの情報をお伝えするように心がけています。あくまでも、選択肢の1つとしてのご紹介ですので、情報をもとに患者さんご自身で総合的に判断していただきたいと思います。

●日本の保険診療は海外の1/10?!
海外で生活されたことがある方ならおわかりだと思いますが、外国で歯の治療を受けると、高額な費用を請求されます。欧米先進国には保険制度がありません。すべてが自費診療となるため、治療費が日本の10倍以上になってしまいます。もちろん日本でも自費診療を行なっていますが、歯科治療の多くは保険診療が中心です。

保険診療と自費診療

日本の保険制度とは?保険診療と自費診療
日本の保険制度は、日本国民であれば一定水準の治療を受けられる仕組みです。治療にかかる費用も安く、同じ処置内容であれば日本全国どこでも治療費は変わりません。ところが欧米諸国には保険制度がないため、治療費は日本の10倍以上です。そう考えると、いかに「保険制度」が優れているかがおわかりいただけると思います。

保険診療の欠点
保険診療にも欠点があります。国が定めた細かい規定があるため、治療方法や使用する材質、一度に治療できる範囲や、さらには治療順序まで、あらゆる点において制限されています。しかも、認められているのはエビデンスが確立されている古い治療方法や材料なので、質の高い治療は望めません。

保険診療の普及により、日本の歯科診療の標準は「最低限の治療レベル」となってしまいました。加えて国家財政の疲弊により、これ以上、新しい技術を保険制度に組み込む余地はなかなかありません。その結果、日本の歯科医療は世界に遅れを取り、治療の幅を狭めてしまったのです。

保険診療の枠に囚われない自費診療

治療の幅を広げる保険診療と自費診療
自費診療の優れている点は、保険診療の枠に縛られないことです。高度な治療技術や良質な材料を使い、患者さんと相談しながら治療手順を決められるので、見た目や噛み心地など、より満足度の高い治療が可能です。

それゆえ治療費はすべて自己負担となり、保険診療に比べるとかなり割高に感じられるかもしれませんが、世界的に見ても実際はそれほど高額ではありません。日本では保険診療が安く設定されているので高く感じるだけであり、欧米諸国の治療費と比較してみるとその違いがよくわかると思います。

また、日本では歯周病や神経の治療など、基本的な治療は保険診療で対応し、被せ物や詰め物などは保険診療・自費診療のいずれかを選択できます。そう考えると、欧米諸国に比べて、日本では負担が少なく治療が受けられるとい言えます。

本当に必要な治療を提供します
オール自費診療にすれば、質の高い治療を受けられます。しかし、それが必ずしも患者さんの望んでいることとは限りません。保険診療・自費診療の枠を取り外して、1つひとつをていねいに治療していくことの方が大切であると当院では考えています。患者さんに喜んでいただくためにも、保険診療の長所を取り入れつつ、ご要望に合わせた治療方法をご提案いたします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております